コレステロールを減らす食材とは

そもそもコレステロールとは体内で作ることが出来るもの。
食事による一日のコレステロールの摂取量は全体の20%から30%なのだそうです。

だからコレステロールを多く含む食品を減らしても大幅にコレステロールが減ることはないのではないでしょうか。
もちろんコレステロールが多く含まれる食材の取りすぎ注意するとして、それに加えてコレステロールを減らす食材を摂取することを心掛けたいと思います。

コレステロールを減らす食材と言えば、思いつくのは青魚ですよね。
テレビ番組なんかでもたまに紹介されています。

20180414.jpg

イワシサンマサバアジなどの青魚には中性脂肪を下げる不飽和脂肪酸が含まれているので、飽和脂肪酸を多く含む肉よりも青魚というわけですね。

その他、畑のお肉「大豆」は栄養価が高く、良質なたんぱく質と油、LDLコレステロールを下げる働きがあるリノール酸、ビタミンEやカルシウムが含まれていて食物繊維も豊富ときたもんだ!

ダイエットにももってこいの健康食材。
高たんぱく低カロリー、これは毎日食べたい食材です。

食物繊維はコレステロールを排泄してくれるんですよ。
海藻きのこは食物繊維が豊富でわかめや昆布のヌルヌルはLDLコレステロールを減少させる成分が含まれているのだそうです。

あと、キャベツブロッコリーに含まれれるSMCSという成分がLDLコレステロールを減少させる効果があるそうです。
SMCSとは天然アミノ酸でコレステロールを肝臓で胆汁酸に処理する酵素を活性化させるとかなんとか。

これらを踏まえてヘルシーな食生活で体質改善を目材したいと思います!